7歳頃までの幼児期は、身体の基礎が作られるための特別な時期です。年齢に合ったゆっくりと安定した生活のリズムを繰り返すことが特に大切です。同じことの繰り返しが子どもの心に安心を生み、次のことを自分でしてみようとする「意思」を生みます。

《主活動》

少人数の幼稚園ならではの、クラスを超えた縦割り活動を折にふれて大切にしています。異年齢の「兄弟グループ」の関わりから生まれる育ち合い、育て合いの姿がたくさん見られます。

《自由遊び》

登園後とお弁当の後は、好きな場所で好きな遊びを心ゆくまで楽しみます。年齢を越えて遊ぶ様子も見られます。

《お弁当》

月・火・木・金は、お弁当をいただきます。毎日の健康状況に合わせてお弁当を作って下さるお母様の愛情も一緒にいただいて、心身ともに健康に育っていきます。兄弟グループで食べることもあります年長組は、年間約6回の食育(給食)があります。

《お帰りの時間》

毎日絵本の読み聞かせやお話を聞く
静かで楽しい時間です。
今日1日の感謝のお祈りをして帰ります

おいしいパンができるかな
兄弟グループで有栖川公園にお散歩
こいのぼり製作
週1回、専門の体育講師による指導
身体の成長に合わせたリズム活動

このホームページの文章及び写真の著作権はすべて南部坂幼稚園に属します。


《礼拝》

ひとりひとりが神さまと向き合い
心静かにお話を聞いてお祈りする時間です。

ドレッシング作り